2018年

未来に向けた農業 カギ握る大学研究室 東京理科大学

  • 2018.07.10

ミントをコマツナ等の農作物の周りに植えると、天敵を呼び寄せるとともに、農作物の防御遺伝子を活性化し、病害虫の活動を抑える。ハウス内でミントの匂いを嗅がせた農作物の苗をハウス外で栽培しても長期間、病害虫の防止効果が継続する。東京理科大学基礎工学部生物工学科の有村源一郎准教授の研究室での実験の成果だ。有村准教授は、匂いが植物と昆虫、植物と植物のコミュニケーションを取り持つメカニズムを、遺伝子工学や次世 […]

1等特に サカタのタネ「M5-A-888」

  • 2018.04.24

第64回全日本花卉品種審査会ユーストマ(冬出し)の部は2月27日、高知県農業技術センターで開かれた。出品29点について審査の結果、平均点83・73点を得た「M5─A─888」(サカタのタネ)が1位1等特別賞を獲得した。2位2等は「MEX15─672」(ムラカミシード)3位2等「スプリングホワイト」(タキイ種苗)4位3等「マリーナマリン」(タキイ種苗)5位3等「サブリナオレンジ」(住化農業資材)6位 […]

第30回加工・業務用野菜産地と実需者との交流会 情報交換や商談活発に展開  115の生産・流通・加工・種苗会社勢揃い

  • 2018.03.27

農畜産業振興機構(alic)主催の第30回加工・業務用野菜産地と実需者との交流会「国産野菜の契約取引マッチング・フェアin東京」は3月15日、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれた。全国から約115の生産者、流通業者、加工業者、種苗会社などが出展し、情報交換や商談が活発に行われた。

平成29年度愛知県野菜優良品種選定拠点調査ほ審査会  冬キャベツの部「そらと」(トヨタネ)「冬武将」(野崎採種場) グリーンリーフレタス「ノーチップ」(横浜植木)が1位

  • 2018.03.27

愛知県野菜種苗対策協議会主催の平成29年度野菜優良品種選定拠点調査ほ事業審査会・冬キャベツの部は①2月14日にJA西三河・池田センター②15日にJAあいち海部・イブン産業③16日にJAあいち知多・大府営農センターで、グリーンリーフレタスの部は2月21日にJA愛知みなみ・田原東部管理センターでそれぞれ開かれた。審査の結果、冬キャベツの①は「そらと」(トヨタネ)が②、③は「冬武将」(野崎採種場)が、グ […]

第69回全日本野菜品種審査会コマツナ(ハウス・冬どり)の部 1等特に サカタのタネ「C5-040」  極立性で白さび病に強い 葉色濃く低温伸長性に優れる

  • 2018.03.23

第69回全日本野菜品種審査会コマツナ(ハウス・冬どり)の部は2月16日、東京都農林総合研究センター江戸川分場で開かれた。出品26点について審査の結果、合計321・14(立毛79・43、収穫物241・71)点を得た「C5─040」(サカタのタネ)が1位1等特別賞を獲得した。2位2等は「NS─904」(野原種苗)3位2等「NK─26」(日本農林社)4位3等「R6─144」(トキタ種苗)5位3等「C5─ […]