space top shadow_r

日本種苗新聞

top
種苗新聞の購読申し込み
会社概要
kiji
種苗リンク
お問い合わせ

 

全国種苗業者名鑑
18年度版
お申込はこちらへ

 


shinbun

種苗業界の情勢、野菜、花の種、苗の優良品種、おいしい野菜、こだわり野菜などの最新の品種情報をお届けします!


 

 日本種苗新聞は種苗業界の業界紙として昭和24年に創刊され、全国唯一の業界紙として今年創立65年を迎えました。各地で開催される野菜、花きの品種審査会、品評会、食べ比べなどの結果を掲載しています。
 また野菜、花きの優良品種、及び優良資材を広く普及させ、日本農業の維持、発展に貢献しております。種苗業界における各団体の総会などを取材し、現在の問題点及び今後の方針などの情報を発信しております。
 さらに種苗会社が発売する野菜・花きの新品種、新資材の情報、また、現在消えつつある、伝統野菜・地方野菜(原種・固定種)を積極的に取り上げ、既存品種の維持を助長しています。今後もわが国の種苗業界の発展のために国内、及び国外に取材網を拡げつつ、情報を発信する考えであります。日本種苗新聞は皆様のご期待に応えます。

 

 新着トピックス(2016/05/21発行-第2203号)

(記事の詳細は本紙面をご覧ください。見本紙のお申し込みはこちらから)

■愛知県平成27年度野菜優良品種選定拠点調査ほ事業審査会
タマネギ「TS-ON540」が( トヨハシ種苗) 春ダイコン「春泉3号」(澤屋種苗店)

■個人育種家の生きる道 part3
岡山県・林慎吾さん 希少価値高いブドウ「ジパング」を開発

■花き研ニュース29 3
汚染される胎内部 ウイロイド表面洗浄だけでは防げず

■pickup 優良品種 
8月まき

■図解でよくわかる土・肥料のきほん43
お勧めはモミ殻堆肥 ナタネ油かすなども有効

■知的財産アラカルト7
「地名は、財産」

■横浜植木 種なしピーマン「たねなっぴー」
安定生産確認し苗販売

■サカタのタネ 単為結果の大玉トマト「ハウスパルト」
食味良く受粉作業短縮

■農経新聞 後継者交流会
産地に出向き取引 流通業の内部変革提言

■千葉大大学院丸尾達教授の講演
植物工場 日本農業の未来開く 世界へ羽ばたく時代へ

■TPPをめぐる情勢と今後の対応策4
TPPで減る雇用 中小企業にはマイナス

■農水省 卸売市場整備基本方針〈8〉
情報技術を積極活用 実需者との連携強化図れ

■千葉大後藤英司教授の講演〈4〉
青色光2〜3日照射で効果 アントシアニンが増加

 


 

■愛知県平成27年度野菜優良品種選定拠点調査ほ事業審査会
−タマネギ「TS-ON540」が( トヨハシ種苗) 春ダイコン「春泉3号」(澤屋種苗店)−

 タマネギは標準品種「KA948」(カネコ種苗)を含む7品種について行われ、地元トヨハシ種苗の「TS-ON540」が1位。2位は28得点の「MO-75」(松永種苗)3位は26得点の「TPS-A20」の順となった。春ダイコンは標準品種「YR三川」(アサヒ農園)を含む15品種ついて行われやはり地元澤屋種苗店の「春泉3号」が1位。2位は34得点の「晩抽春のいぶき」(トーホク)3位は、9点と同点の「YR三川」(アサヒ農園)と「L233」(トーホク)が分け合った。

1位の「TS-ON540 」(トヨハシ種苗)


1位の「春泉3号」(澤屋種苗店)


■個人育種家の生きる道 part3
−岡山県・林慎吾さん 希少価値高いブドウ「ジパング」を開発−

 果樹の新品種は枝変わりを見つけて、それを育種するパターンが多い中で、林さんは自らが求めるクオリティーを実現できる交配育種にこだわっている。ジパングを育種者、生産者、販売業者が一体となって岡山県の特産品ブランドにすることを目指す林さんは「若い人の中にも交配育種に興味を持っている人が出てきている。そうした若い人のためにも、私は失敗できないんです」と背水の陣でジパングの普及に全力を傾けている。

「ジパング」を除雄して袋を被せる林慎吾さん


大粒で甘くて香りもよい「ジパング」


■花き研ニュース29 3
−汚染される胎内部 ウイロイド表面洗浄だけでは防げず−

 花き研究領域の松下陽介主任研究員は「ペチュニアにおけるジャガイモやせいもウイロイドの種子伝染」について寄稿している。植物防疫法で指定ジャガイモやせいもウイロイド(Potatospindletuberviroid;PSTVd)は植物防疫法で、有害動植物に指定されている、病原体であって、2009年にトマトで国内初発生が確認されました。胚珠と花粉介し伝染PSTVdはトマト等で種子伝染することが知られていますが、その伝染機構については、不明でした。


■pickup 優良品種 
−8月まき−

 ブロッコリー「すばる」(ブロリード)キャベツ「汐風」(渥美甘藍研究所)


■図解でよくわかる土・肥料のきほん43
−お勧めはモミ殻堆肥 ナタネ油かすなども有効−

 植物油かす類のなかで最も多く利用されているのが、ナタネ油かす。多くは中国やインドからの輸入品である。ダイズ油かす(豆かす)も大量に輸入されているが、こちらは家畜の飼料としての利用が多いものの、用途は競合している。主成分は窒素が(5〜6%)。リン酸やカリウムも多少含む。肥効が長続きする緩効性肥料として、土壌の物理性改善や、土壌微生物を増やす働きも、大きい。


■知的財産アラカルト7
−「地名は、財産」−

 「地名は財産」であるとの観点から、地名をブランドとして地理的表示保護制度や地域団体商標制度を活用して、知的財産で保護できることを周知することがまず重要。その上で、海外でわが国の地名が第三者によって商標登録出願がなされる問題に対し、関係機関との連携と、コンソーシアムを通じた対応の強化を図る-との姿勢を農林水産省は打ち出している。


■横浜植木 種なしピーマン「たねなっぴー」
−安定生産確認し苗販売−

 横浜植木は「特許第5272071号」を得た種なしピーマン「たねなっぴー」の苗の販売をオープン価格で、今月いっぱい展開している。二つに切った中身に種は全く入っておらず空っぽ(無核)。ピーマン独特の苦味や辛みがなく、旨味の豊かさがセールスポイント。

緑豊かに育つ「たねなっぴー」


種は入っていない(無核)


■サカタのタネ 単為結果の大玉トマト「ハウスパルト」
−食味良く受粉作業短縮−

 サカタのタネは、冬春(促成、半促成栽培)向け大玉トマト新品種「ハウスパルト」の種子を、6月から発売する。丸玉で、赤熟出荷が可能な、単為結果性品種なので、受粉作業が大幅に短縮できる国内初の大玉品種とPRしている。2012年、サカタのタネは夏秋栽培向け品種「パルト」を、世に出した。「ハウスパルト」は低温時の果実の肥大性を改良した品種で、開発に約10年かかったという。

赤熟出荷ができる大玉トマト「ハウスパルト」


■農経新聞 後継者交流会
−産地に出向き取引 流通業の内部変革提言−

 弊社と記事交換で協力関係にある青果流通専門紙の農経新聞は4月19日、東京都品川区高輪のTKPカンファレンスセンターで、青果流通業界の後継者・幹部候補生のネットワークづくりのための交流会を開いた。厳しい流通業界で苦悩する後継者・幹部候補生は各自の現状や展望を自己紹介を交えながら発表した。打ち解けた雰囲気の中で、お互いの意見を聴き、それぞれが抱えている課題に対する答えのヒントを見つけていた。

青果流通の後継者・幹部候補生の交流会


■千葉大大学院丸尾達教授の講演
−植物工場 日本農業の未来開く 世界へ羽ばたく時代へ−

 千葉大学大学院園芸学研究科園芸産業創発学プログラム推進担当の丸尾達教授は4月10日、松戸市松戸、同大学園芸学部創立100周年記念ホールで開かれた、第1回高校生のための次世代園芸産業セミナーで「次世代園芸技術と植物工場ビジネスの現状と将来展望」と題して講演。「植物工場での野菜生産・販売が山梨県北杜市など、各地で行われ、軌道に乗っており、21世紀の日本の農業の展望を開くものである」と強調した。


■TPPをめぐる情勢と今後の対応策4
−TPPで減る雇用 中小企業にはマイナス−

 


■農水省 卸売市場整備基本方針〈8〉
−情報技術を積極活用 実需者との連携強化図れ−

 


■千葉大後藤英司教授の講演〈4〉
−青色光2〜3日照射で効果 アントシアニンが増加−

 


 

 

 

 

 

space Copyright (C)JAPAN SEED NEWS PAPER. All Rights Reserved.