space top shadow_r

日本種苗新聞

top
種苗新聞の購読申し込み
会社概要
kiji
種苗リンク
お問い合わせ

 

全国種苗業者名鑑
18年度版
お申込はこちらへ

 


shinbun

種苗業界の情勢、野菜、花の種、苗の優良品種、おいしい野菜、こだわり野菜などの最新の品種情報をお届けします!


 

 日本種苗新聞は種苗業界の業界紙として昭和24年に創刊され、全国唯一の業界紙として今年創立65年を迎えました。各地で開催される野菜、花きの品種審査会、品評会、食べ比べなどの結果を掲載しています。
 また野菜、花きの優良品種、及び優良資材を広く普及させ、日本農業の維持、発展に貢献しております。種苗業界における各団体の総会などを取材し、現在の問題点及び今後の方針などの情報を発信しております。
 さらに種苗会社が発売する野菜・花きの新品種、新資材の情報、また、現在消えつつある、伝統野菜・地方野菜(原種・固定種)を積極的に取り上げ、既存品種の維持を助長しています。今後もわが国の種苗業界の発展のために国内、及び国外に取材網を拡げつつ、情報を発信する考えであります。日本種苗新聞は皆様のご期待に応えます。

 

 新着トピックス(2016/07/21発行-第2209号)

(記事の詳細は本紙面をご覧ください。見本紙のお申し込みはこちらから)

■第58回東京都野菜・花き種苗改善審査会夏まきコマツナ(ハウス栽培)の部
「のりちゃん」雪印 が 1位掬 濃緑で肉厚の丸中葉 作業性に優れる極立性

■愛知県平成27年度野菜優良品種選定拠点調査ほ審査会
タマネギ「09-4040」( トーホク) ホウレンソウ「スタッフ」(住化資材)が1位

■農水省最新農業技術・品種2016 4-1
サツマイモネコブセンチュウ対策 コストと労力を削減

■農水省最新農業技術・品種2016 4-2
バレイショ「ながさき黄金」 2期作向け新品種

■pickup 優良品種 
8月まき

■図解でよくわかる土・肥料のきほん49
不耕起栽培 南北アメリカで普及 日本ダイズ畑で土壌動物増加

■巻き上げ換気自動化 東都興業
「電動カンキット」PR

■第66回全日本野菜品種審査会講評
入賞は25社、74点サカタのタネ12点と最多

■コマツナ「はまつづき」 サカタのタネ
生産者待望の新品種 厳寒期収穫で真価発揮

■ヒマワリ「クリアレモン」 サカタのタネ
ブライダルにも向く 見た目の印象さわやか

■第66回全日本野菜品種審査会講評 つづき
草姿立性がポイント 収穫物の株張り欠かせ

 


 

■第58回東京都野菜・花き種苗改善審査会夏まきコマツナ(ハウス栽培)の部
−「のりちゃん」雪印 が 1位掬 濃緑で肉厚の丸中葉 作業性に優れる極立性−

 第58回東京都野菜・花き種苗改善審査会夏まきコマツナ(ハウス栽培)の部は7月1日、東京都江戸川区鹿骨の東京都農林総合研究センター江戸川分場で開かれた。審査の結果、雪印種苗の「のりちゃん」が253・73点で1位掬を獲得した。以下、2位凝「里きらり」(武蔵野種苗園)247・90点、3位凝「ひと夏の恋」(日本農林社)245・32点、4位慧「MSX-1079(里あかり)」(武蔵野種苗園)244・90点、5位慧「乃木坂」(日本農林社)244・79点、6位慧「松子」(朝日工業)243・32点だった。

1位掬を獲得した「のりちゃん」(雪印種苗)


コマツナの立毛を入念にチェックする審査員たち


■愛知県平成27年度野菜優良品種選定拠点調査ほ審査会
−タマネギ「09-4040」( トーホク) ホウレンソウ「スタッフ」(住化資材)が1位−

 愛知県野菜種苗対策協議会は平成27年度野菜優良品種選定拠点調査ほ事業・タマネギの部審査会を6月24日に、同ホウレンソウの部審査会を6月27日にそれぞれ開いた。タマネギの部は33点を得た「09-4040」(トーホク)が1位を獲得した。2位は「AT-402」(アサヒ農園)となった。ホウレンソウの部は25点を得た「スタッフ」(住化農業資材)が1位、2位は「AS-B」(愛三種苗)、3位は「スーパースター」(朝日工業)の順となった。

1位「09-4040」(トーホク)


1位「スタッフ」(住化農業資材)


■農水省最新農業技術・品種2016 4-1
−サツマイモネコブセンチュウ対策 コストと労力を削減−

 農業現場には、科学的に病害虫を予測する方法は広く普及しておらず、不必要な農薬使用が見られる。迅速かつ高精度に病虫害密度を測定し、被害程度を予測することができれば、農薬使用の要否が判断できると、想定される。分子生物学的手法を用いて、センチュウ害対策の農薬使用の要否の判断が可能か検証した。名付けて「殺センチュウ剤削減にむけた砂質土壌におけるサツマイモネコブセンチュウ被害予測」研究である。


■農水省最新農業技術・品種2016 4-2
−バレイショ「ながさき黄金」 2期作向け新品種−

 「ながさき黄金」はカロテノイドを高含有し、食味が良く複数の病害虫に強く加工適性がある暖地2期作向け新品種。健康志向の高まりから消費者は体に良い成分(機能性成分)を含むおいしい食品を求めている。暖地2期作向け品種としては、アントシアニンを含む赤肉のバレイショ「西海31号」が育成されているが、カロテノイドを高含有する品種はない。また、ジャガイモシストセンチュウ、ジャガイモYウイルスや暖地2期作栽培特有の青枯病の発生が問題となっている。


■pickup 優良品種 
−8月まき−

 キャベツ「さちはる」(トヨタネ)ハクサイ「冬到来75」(渡辺農事)


■図解でよくわかる土・肥料のきほん49
−不耕起栽培 南北アメリカで普及 日本ダイズ畑で土壌動物増加−

 通常の田畑では、種まきや田植え、定植の前には、土壌を耕す。一方耕起、砕土、整地、中耕、水稲の代かきなどの耕す作業を省略する栽培法を「不耕起栽培」という。この不耕栽培が、土づくりの面でも注目されている。不耕起栽培は、土壌侵食を防止する栽培法として、アメリカで始まった栽培法である。その短所である雑草の繁茂を防ぐ除草剤が実用化されるにつれ、不耕起栽培も普及。現在は、南北アメリカで、広く行われている。


■巻き上げ換気自動化 東都興業
−「電動カンキット」PR−

 東京都中央区京橋1-6-1、東都興業は7月27〜29の3日間、東京ビッグサイトで開く「GPEC(施設園芸・植物工場展)」への出展準備万端を整えている。売り込みに、最も力を入れるのは「電動カンキット」。自動式フィルム巻き上げ装置。


■第66回全日本野菜品種審査会講評
−入賞は25社、74点サカタのタネ12点と最多−

 日本種苗協会主催の第66回全日本野菜品種審査会、第61回全日本花卉品種審査会の授賞式は6月15日、東京・上野精養軒で開かれ、農林水産大臣賞などが授与された。野菜、花卉それぞれの審査長は、各品種審査会での入賞品種についての講評を明らかにした。野菜についての講評の要約を掲載する。入賞は25社、74点で、サカタのタネの12点が最も多くの入賞を果たした。花卉については8月1日付に掲載する。


■コマツナ「はまつづき」 サカタのタネ
−生産者待望の新品種 厳寒期収穫で真価発揮−

 サカタのタネは、コマツナの新品種「はまつづき」の種子を、7月上旬から発売している。耐暑性と低温伸長性を兼ね備えている上に、気温が上昇する春先に抽だいしにくいのが、セールスポイント。「はまつづき」の生育日数は、夏まきが22日、秋まきが40日。耐寒性も強い早生品種。冬に向けて気温が下がる時期に播種、厳寒期に収穫する作型で真価を発揮する。

2次根が少ないコマツナ新品種「はまつづき」


■ヒマワリ「クリアレモン」 サカタのタネ
−ブライダルにも向く 見た目の印象さわやか−

 サカタのタネは、ヒマワリ「ビンセント」シリーズの新品種「ビンセント(2型)クリアレモン」を開発。7月から、市場を通じて出荷している。花色は、従来よりも一段と鮮やかなイエロー。「ビンセント」シリーズの従来からの特長であるアップフェイス(花が上向きに咲く)は、しっかり引き継いでいる。花は重なりが良く、花弁は丸みを帯びている。さらに花の中心部が鮮やかなグリーンで、見た目にさわやかな印象を与える。「カジュアルに飾れるだけでなく、夏場のブライダル需要にも対応できる」と、PRしている。

花の重なりが良いヒマワリ「ビンセント(2型)クリアレモン


■第66回全日本野菜品種審査会講評 つづき
−草姿立性がポイント 収穫物の株張り欠かせ−

 


 

 

 

 

 

space Copyright (C)JAPAN SEED NEWS PAPER. All Rights Reserved.